「テスト駆動開発」を読んだ

t-wadaこと、和田卓人さんの翻訳本、テスト駆動開発を読みました。
著者はKent Beckさんです。
 
前半は、まどろっこしいくらい丁寧にテストに合わせた
コードの改変の流れを解説されています。
そのため、自身でコードを書かなくても流れがよくわかります。
リファクタリングのやり方も含んでいるため、
まだリファクタリングやテストに慣れてない人には
良い解説かもしれないです。
 
中盤ではテストを行う機構自体を実装するという流れ。
 
後半ではテストについてのパターンが解説されています。
 
個人的には、MockObjectについてもっと深く知りたかったのですが、
パターンの一種として触れられてる程度でした。
 
主にテストの書き方の解説に紙面が割かれているため、
テストの重要さなどは、よく読み込まないと理解が難しいかもです。
 
なので、これからテストを実装しないといけない人だったり、
テストの意義みたいなのはある程度理解していて、
それをどうやって組めばよいかという人向けのように感じました。
 
まだ自分自身よく理解できていない点も多くあるので、
他のテスト関連書籍などを渡り歩きながら
いずれまた読み返してみたいと思います。
  
 
テスト駆動開発

テスト駆動開発

 

  

 

一度絶版になった書籍だったようですが、
復刊にあたっての和田さん自身の記事がありました。

 

t-wada.hatenablog.jp